メイン画像

人を楽しませる店作り

現在人気スイーツのパンケーキは日本では昔からホットケーキとして親しまれていますが、海外ではパンケーキの名称が一般的です。
パンケーキに思い出がある人はかなり多いのではないでしょうか。
初めて自分で作った料理がパンケーキだったという人もたくさんいるでしょう。
パンケーキは昔から暮らしの中に定着しているおやつ、家庭料理でもあります。

焦げ付かないようにフライ返しで上手に裏返すまでにコツがなかなか掴めなかったり、空気を含んだ生地がぷつぷつと泡立ってくるまで待てずにひっくり返して崩してしまったりと作った時の思い出はもちろん、家族と一緒にたくさんのトッピングをして楽しんだ懐かしい思い出や、友人と一緒に焼いて食べて盛り上がった記憶など人それぞれの思い出が鮮明に残っているのではないでしょうか。

現在は専門店が日本全国各地に次々と増えたため、クリスマスや誕生日といった記念日を祝うために利用したり、朝食やランチ、夕食にパンケーキを食べる人も増えてきました。
ただのおやつ、スイーツとしてだけではない、日本人の暮らしの中の定番料理としてすっかり定着したと言えるでしょう。

パンケーキと言えば多くの人がバターや甘いシロップと一緒に楽しむものと思っているかもしれませんが、今は店舗ごとにトッピングや生地など素材にこだわり、様々なバリエーションに進化しているのです。
パンケーキ自体を進化させると共に、居心地の良さを感じてもらえる店舗づくりやサービスでお客様を楽しませて、思い出に残る店や味を生み出し、より多くの集客に繋げている店が多いのもパンケーキの魅力ではないでしょうか。